映画「湯道」につまらないとの声|低評価の理由を調査|お祭り映画の宿命か

マルチ横 記事上のアドセンス広告

※本ページはプロモーションが含まれています。

映画「湯道」が2023年2月23(木祝)から公開されました。

生田斗真さん主演、濱田岳さん、橋本環奈さんをメインに、超豪華キャストを多数起用して期待度の高い今作。
鑑賞した方の感想は概ね高評価ですが、中には低評価も。
どの点が「つまらない」「面白くない」と低評価なのかを調査していこうと思います。

当記事画像出典:(C)2023映画「湯道」製作委員会

映画「湯道」のあらすじ

亡き父が遺した実家の銭湯「まるきん温泉」に突然戻ってきた建築家の三浦史朗。帰省の理由は店を切り盛りする弟の悟朗に、古びた銭湯を畳んでマンションに建て替えることを伝えるためだった。実家を飛び出し都会で自由気ままに生きる史朗に反発し、冷たい態度をとる悟朗。
そんなある日、ボイラー室でボヤ騒ぎが起き、巻き込まれた悟朗が入院することに。銭湯で働いているいづみの助言もあり、史朗は弟の代わりに仕方なく「まるきん温泉」の店主として数日間を過ごす。
いつもと変わらず暖簾をくぐる常連客、夫婦や親子。分け隔てなく一人一人に訪れる笑いと幸せのドラマ。
不慣れながらも湯を沸かし、そこで様々な人間模様を目の当たりにした史朗の中で徐々に凝り固まった何かが解されていくのであった……。

映画「湯道」公式HP

映画「湯道」がつまらないという感想

完成披露試写会で鑑賞。

田舎町の銭湯を舞台に物語が展開するハートフルコメディ。

ごめん、物語の展開は読めるし笑いの部分は面白くないし全てが私には向いてない作品でした。

湯の道、湯道の心得も全く響かなかったし、何より湯道を最後に全部セリフで語っちゃうあたりが押し付けがましくて嫌だった。
それまでの話の流れやシーンによって観客に悟らせるぐらいの方が良いんじゃないですかね。

とにかく全編を通してぬるま湯状態。

あえて見所を挙げるとすれば、最近良く見るけど生田斗真のケツ。橋本環奈の着替え&入浴シーン。窪田正孝のおかしいだろと思うぐらいバッキバキの肉体。

一緒に観た映画仲間はものすごく笑いもツボで、湯道の心得も素晴らしかったと褒めていたので人それぞれですね。

コメディと見るのかファンタジーと見るのか

よく分からないまま

掴めず最後までいってしまった。

しかし、柄本明は引っ張りだこですねぇ。

出典:映画.com

一番風呂の日に完成披露試写会で観てきた!
湯道として型が決まった入湯法があれば歌を歌ったり桶でコミュニケーションを取ったりなど、お風呂の楽しみ方は人それぞれだな〜
銭湯を通じた人間ドラマも素敵で観てて心も暖まる♨
観た後は銭湯に行きたくなるし、風呂上がりに牛乳も飲みたくなる🥛

楽しい点は多かったけど、ストーリーは登場人物が多い分、どのキャラも描き方が浅くて感情移入は出来ず
特に主人公の弟の突然の心変わりは謎だし、主人公も結局東京で仕事を続けるのかもちゃんと描いてなくて謎
厚切りジェイソンが更衣室で体洗っててボケてるけど、普通は周りの人が止めるでしょ
湯道の作法を細かく説明しながら、最後にぶん投げて終わって笑うしかなかった…
何故この点数だかって?それはふろ(26)映画だからね

キャストは多くて豪華ですが 内容はすかすかで 深夜ドラマでよかったのではと思います
ただ、橋本環奈さんはやっぱりめちゃくちゃかわいいです
なので内容のわりに不快感はないです 橋本環奈の無駄遣いって気もしますね
⭐︎2.4の48点です

出典:Yahoo映画レビュー

期待はしてなかったのでいいんですが
とっても豪華な俳優さんたちがいっぱいいっぱい出ててあれなんですが
びっみょ〜!
なんか、そもそも論なんだけど、湯道ってなんだ?
普通に、銭湯の話だけでやってくれたらなぁ面白かったなぁまだ、たぶん。
邦画でよくある、コメディなのか感動なのかどっちも狙いたくてどっちにも感情移入できないパターン。
なんか笑取りに来てるシーンたくさんあったけど、誰も笑ってなかったよ。
あと泣けるって聞いたからティッシュ用意しといたけどそこまでは。

でも出てる俳優さんみんなすきです。
意外性でウエンツが一番ツボった。ウエンツが映画に出てるということがね。役作りというかあのまんまふざけてたよ。
あとジブリ声優さん多くて途中からジブリ声優探ししてたよ

銭湯パートと湯道パート 別々の脚本をくっつけたのかな?
下町人情感のテンプレでシチュエーションだけで感動させようとしてくる
糞だった

レビューで笑えたって書いてあったから観たけど私は面白くなかった💧
風呂屋行けば良かった。。

出典:映画.com

細かい事ですが、サウナを含めて風呂などにケータイを持ち込む事は厳禁です、場合により逮捕されます。
湯道の家元なる教祖が出てきますが、病や弱みにつけ込むオウムなどの手法が彷彿され、不愉快極まりない。
コメディのようで笑えんし、人情もののようで中身がない。
特別出演とは、特別な俳優とも思えないし。
銭湯は入れ墨入浴禁止ではありませんが、改めて、取り上げる意図が、なんか嫌悪感があります、半社を応援する意図が、こんな時に。
ただ、家元が風呂で、地獄の黙示録を彷彿されるところや、檜風呂の改造話は、笑いや感動が少しだけ🤏
橋本環奈だけ輝いてたかんな、テヘペロ。
暇で、環奈のファンならどうぞ。

出典:映画.com

【窪田くんの入浴❤️】25

最初の15分くらいは類型的というか型にはまったような話と演技でこりゃヤバいな、と思った。小日向さんの涙で少しほぐれてきて(それにしたって既視感バリバリの話だけど)、そのあとは「銭湯」という大好きなテーマと、小山薫堂的というかフジテレビ的な臭みとの間で気持ちが右往左往。辟易しながらも、たまにデュエットとか吉行和子見て泣くというよくわからないことに。結局橋本環奈頼みのまま、なんの解決もないまま話が終わるし。実際には銭湯に通っていない人向けに、ノスタルジーをかき立てるために作ってるし、それはマーケティングとしては正解。でもねえ。すこしはメーテレ見習ったら。
いちばん気になったのは、湯道の家元の風呂のバックの紅葉。描き割りに見えたんだけどだとしたら最悪だし、そうじゃなくてほんとに外の景色が見えてるのなら、季節感もなにもなくてそれもまた最悪。一方、まるきん温泉のセットはかなり魅力的。あんな銭湯があればそりゃ通いたいよね。
そしていちばんの見どころは、窪田正孝のバキバキの筋肉と、柄本明の怪演を超えた怪人ぶり。

監督 鈴木雅之(マスカレードナイト)

体調が悪ければ悪い程、疲れていれば疲れている程、観ると良いと思う。

だって癒しの風呂のシーンの連続だから。

でも、10時間寝て元気過ぎた僕には物足りなかったんだ。

銭湯に集まる普通の人達の普通のエピソードと湯道というならいごとの話が連なっていくだけだから、そんなに感情移入できなかったんだよね。

生田斗真の裸の体当たり演技は、相変わらず好きなんだけど。

また、体調悪い時に観るわ。

出てる役者は凄くいい。
シナリオが安っぽいのは目をつむるけど
お風呂に対する愛情が薄すぎ
お湯に着衣で入るシーンが複数あり
番台から見える女湯には裸の女性が一人もいない
最悪なのはサ室で通話するシーンが2箇所もある
いまはどこの公衆浴場も脱衣所でさえ携帯使用不可は常識
小山薫堂は本当に風呂好きなのかあやしい

番宣を見てると面白いのかと 期待したが館内で笑い声があったのは1度だけであまり内容の無い ストーリーだった。
正直期待外れの残念な作品でした。

出典:Yahoo映画レビュー

ほのぼのして観れるけど、中だるみする。
後半は散りばめた伏線を回収していくけどファミリー感?みんな仲良し感?が出過ぎて逆に変な印象…。
コメディにも感動にも振り切らなかった?せいで、中途半端だなぁと思ってしまった。役者さん達が豪華なのにもったいないという感想。
初日だったからなのか、バブとポカリ貰えたので、プラマイゼロです。ありがとうございます。

出典:Yahoo映画レビュー

昨日は映画『湯道』の舞台挨拶付き完成披露試写会に行ってきました。

まぁ正直東宝だし、メンバー豪華だし、内容期待できないかなとか思い、どうしようかなーと思ったのですが当選したのと、やはり自称温泉好き銭湯好きとしては見ておきたいかなと行ってきました

話はネタバレになるので細かく書きませんが、
ほっこりした映画でした。
何か激しく何かがあるとかではありませんが、
見ていて微笑ましい感じですかね

ただ悪者を一人作って、結局その人が悪者のままで終わったのはシナリオ的に納得いかないかな
水に流す、お湯に流す終わりにして欲しかったかな。テーマがお風呂なだけに

あと、ラーメン屋さんは『たんぽぽ』のオマージュ??
あの銭湯のセット壊しちゃったのは...勿体ない

舞台挨拶付きだったので登壇者多かったのですが、
橋本環奈がえげつない可愛さと
生田斗真がえげつない色気のあるいい男ぽさが凄かったです(作中のではなく、舞台挨拶が)

関係ないけど、試写会前に食べたフードコートの『せたが家』のラーメンが全く美味しくなくてびっくりしました。

中途半端なコメディドラマ。星三つでも良いかと思ったのですが、冒頭のヤクザネタコメディがなんだか時代錯誤な感じがしたのでマイナス一つで二つに。

まずこのお話、時代設定は現代なんでしょうけれども、場所はどこなんでしょうか?都内?建物のデザインからして、その辺りは意図的にハッキリとさせない「ザ・マジックアワー」みたいな「大人の童話」にしようとしたのかと思いきや、その点もなんだか中途半端…というなかなかツラい作品。

特に角野卓造と窪田正孝の「湯道」の変な団体の教義?のシーンなんて丸々削って良かったのでは。結局はメインの銭湯の話とは柄本明と小日向文世のキャラで繋げただけで、ドラマ的には大して繋がってないし、何が言いたいのかもさっぱりわからず、笑いも中途半端。そして「湯道」ってこの物語世界の造語だと思っていたら、エンドロールに「湯道なんとか協会」みたいな団体がクレジットされてたのを見てびっくり。こんなことが実際に行ってる団体がホントにあるのかしら。まあ、どちらにしてもこのシーン全部削ればこんな薄い内容で126分なんて長尺にはならず、90分台くらいの丁度良い作品になったんじゃ(笑)

見終わって思ったのは、1960年代に成瀬巳喜男辺りが古びた銭湯を舞台にした一家のドラマを作っていたら佳作が出来ていたんじゃないかと。小林桂樹と夏木陽介辺りが兄弟で、手伝いで働いてるのが団令子とか??なんだかそっちが観たくなってきました!

出典:Yahoo映画レビュー

低評価をつけた方が「つまらない」「面白くない」と指摘している点をまとめてみると、

  • ストーリーが薄い
  • 登場人物が多く、どの人物も深く掘り下げていないので物足りない
  • コメディなのか感動ものなのか分からない

このような声が多かったです。

フジテレビ製作のお祭り映画ならではの「万人受けするストーリー」「超豪華キャスト」を重視する映画作りでは、仕方のないことなのかもしれませんね。

映画「湯道」を楽しめるのはこんな人

  • 浅くてもいいから心温まるほのぼのストーリーが見たい
  • 1つの映画で沢山の名優達の演技を見たい
  • 生田斗真さん、窪田正孝さんの肉体美、橋本環奈さんの入浴シーンを堪能したい

>>「映画」記事一覧
>>「テレビ」記事一覧
>>「つまらない」感想まとめ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA