コナン映画 坊主の剣道が強いキャラ(沖田と登場)は鬼丸猛→映画100万ドルの五稜星にも

名探偵コナン 剣道が強い坊主頭のキャラの名前は?鬼丸猛→100万ドルの五稜星にも登場

※本ページはプロモーションが含まれています。

2024/4/12から公開された『名探偵コナン 100 万ドルの五稜星(みちしるべ)』

平次の剣道のライバルである京都の高校生「沖田総司」も出演していましたが、終盤で敵と戦う平次の助っ人で沖田が登場した際に「えらい強そうなやつがおったから連れてきた」と坊主頭のキャラクターが登場しますよね。

このキャラ、原作漫画やアニメにも1~2回しか出てこないレアキャラなので、分からない視聴者も多かったのではないでしょうか。

名探偵コナンに出てくる、坊主頭の剣道が強いキャラクターは「鬼丸猛」と言います。

名前だけでも強そう(蘭も言っていた)ですね!

実はこのスキンヘッドのキャラクター、原作者である青山剛昌先生の過去作『剣勇伝説YAIBA』に出てきた人物なんです。

詳しく解説します!

記事の最後に、「全国の映画館で『名探偵コナン100万ドルの五稜星(みちしるべ)』をお得に観る方法」も記載しているので是非ご覧ください。

劇場版のストーリーや登場キャラクターの紹介、関係者キャストへの貴重なインタビュー、大量のコナングッズをカタログ的に大紹介。コナン関連のさまざまなイベント情報も網羅というファンにとっては必携の一冊!

created by Rinker
¥1,030 (2024/05/22 06:34:45時点 Amazon調べ-詳細)

※この記事は「劇場版名探偵コナン 100万ドルの五稜星」の内容を含むのでご注意ください。

100万ドルの五稜星 剣道が強い坊主頭のキャラの名前は鬼丸猛

「劇場版名探偵コナン 100万ドルの五稜星」に出てきた坊主頭で剣道が強いキャラクターは「鬼丸猛」という、剣道の達人の高校生です。

漫画では93巻~94巻、アニメでは23シーズン916話「恋と推理の剣道大会」に出てきます。

【Hulu】
916話 恋と推理の剣道大会

Amazonプライムビデオ
916話 恋と推理の剣道大会

【U-NEXT】
916話 恋と推理の剣道大会

【原作コミック】

created by Rinker
¥583 (2024/05/21 18:53:24時点 Amazon調べ-詳細)

全日本大会を二連覇中で、知事から名誉都民の称号をもらうほどの人物です。すごい達人!

「今自宅に知事が来ていて、名誉都民の称号を辞退するために自宅に帰るから決勝戦を欠席」

ということで、大会の準決勝まで戦って帰っていきました。

辞退を申し出るためにわざわざ家に帰るのは律儀だなと思いましたが、大事な大会中にアポなしで自宅訪問する知事って一体とも思ったりして...。

原作やアニメでは、平次の強敵となりそうな人物を調査していた蘭とぶつかるだけで、平次や沖田などその他キャラクターとの直接的な接触はありませんでしたが、『名探偵コナン 100 万ドルの五稜星(みちしるべ)』では、沖田と一緒に参戦して敵を倒していましたね。

名探偵コナン 鬼丸猛の登場回は他にもある?

実は、名探偵コナンに鬼丸猛が登場したのは「恋と推理の剣道大会」のエピソードだけじゃないんです。

過去に登場した回を見てみましょう。

名探偵コナン 鬼丸猛の登場回 『プロサッカー選手脅迫事件』

名探偵コナンの初期エピソードである「プロサッカー選手脅迫事件」に、鬼丸というキャラクターが登場します。

と言っても、このエピソードにおいて鬼丸はメインキャラクターではなく、あくまで「鬼丸クエスト」というゲームの中のキャラクターとしてのみ描かれていました。

プロサッカー選手の弟が誘拐された事件を追うコナンが、弟がプレイしていたゲームを見つけるのですが、そのゲームの名前が「鬼丸クエスト」。

このエピソードで、博士の最新発明として「お弁当型携帯FAX(おかずは本物)」が出てきて当時かなりの衝撃を受けましたが、それはまた別の話ですね。

「鬼丸クエスト」は事件を解決する上で重要な手がかりを提供しました。目立たないながらも、鬼丸はストーリーの中で重要な役割を果たしていたとも言えますね。

名探偵コナン 鬼丸猛は「YAIBA」のキャラクターでもある

実は、この鬼丸猛は『YAIBA』のキャラクターでもあるんです。

この作品は、『名探偵コナン』の作者である青山剛昌が1988年から1993年まで連載していた少年漫画で、アクションと成長を描いた物語です。

created by Rinker
¥528 (2024/05/22 07:49:19時点 Amazon調べ-詳細)

鬼丸は主人公・鉄刃のライバルとして登場し、彼を幾度となく苦しめるボスとして君臨しています。

「YAIBA」内での鬼丸猛の性格は?

『YAIBA』の物語において、鬼丸という人物は剣道に対して真剣そのものの真面目な中学生でした。

彼の頑固な性格と高慢な態度は、無邪気な主人公・刃とは水と油のように合わず、徐々に刃への憎しみを募らせていきました。

力への渇望をし過ぎたある日、鬼丸は風神剣という禍々しい力に取り込まれ、文字通り鬼へと変貌を遂げてしまいます。

スキンヘッドに角が生えたビジュアルは、鬼へと変貌後の姿なんですね。

その後、風神剣の力を操りながら、鬼丸は部下を引き連れて国会議事堂を始めとする暴挙に出ます。

日本だけでなく、世界支配を目論む極めて危険な存在へと変貌を遂げますが、最終的には刃に打ち倒されることに。

敗北後は、再び人間としての生を取り戻し、剣士としての修行を積み重ね、再び刃と剣を交える日を迎えるのです。

名探偵コナンの作中の鬼丸猛も、ぶつかった蘭に丁寧に声をかけたり、わざわざ知事に辞退を知らせるために来たくしたりと、非常に律儀で真面目に描かれています。

そのような性格は、YAIBAの鬼丸から引き継いでいるのでしょうね。

コナン映画 坊主の鬼丸猛以外にもYAIBAからのキャラクターが

実は、名探偵コナンの作中には他にも、YAIBAに登場していたキャラがいます。

沖田総司」もYAIBAからのクロスオーバーキャラなんです。

▼YAIBAでの沖田総司

単行本24巻に少しだけ出てきて、アニメ化もされていない沖田総司ですが、それでもファンに根強い人気があるキャラクター。

六代目沖田総司として育てられたものの、剣の道に志を見出せず、剣術を教えてくれた祖父に「次の大会で優勝したら剣術を捨てる」と約束していました。

その大会の準決勝でYAIBAの主人公・鉄刃と対戦して翻弄され、再び剣の道と向き合う覚悟を決めました。

コナンでも「五段突き」が紹介されていますが、これも『YAIBA』から共通しているもの。

五段突きで平次も出血して不戦敗

この五段突きは、平次との対戦でも炸裂しました。

直接喰らわずかわしたものの、首筋を切って出血してしまってドクターストップがかかり不戦敗。

今度こそは決着をつけると、平次は沖田との対決に闘志を燃やしています。

名探偵コナンには『YAIBA』以外にも、青山剛昌の『まじっく快斗』と世界観を共有していて、怪盗キッドは『名探偵コナン』にも登場し、両作品間でクロスオーバーが見られます。

『YAIBA』『まじっく快斗』共々、原作者の思い入れが深いのでしょう。

一度生み出したキャラを作品を越えて何度も登場させてくれるので、青山剛昌ファンでずっと作品を見てきた方には、次はどんなキャラが出てくるかと楽しみも増えますね。

『まじっく快斗』は不定期連載を続けており、2024年現在も未完の作品となっています。

そして劇場版最新作『名探偵コナン 100 万ドルの五稜星(みちしるべ)』では、怪盗キッドについての重大事実が判明。

今後も作品感の密度がどんどん濃くなっていくのかもしれませんね。

コナン映画 100万ドルの五稜星で坊主の鬼丸猛は何をしていた?

今回、函館で剣道の大会が開催され、その大会に出場するために服部平次が訪れていました。

全日本大会を二連覇するほどの腕前で、優勝常連の鬼丸猛も函館を訪れていました。

剣道大会の会場でもコナンと平次が敵とドンパチやっていたのを目撃したので、

沖田総司「俺も混ぜてくれへんか」と現れ、「強そうなやつ」として鬼丸猛を連れてきたという訳です。

「悪いやつが大勢いると聞いてやってきた」と、鬼丸猛も敵の成敗に前向きでした。

この辺りも、YAIBAの鬼丸猛の強さに貪欲で真面目な性格を引き継いでいるのかもしれません。

鬼丸猛と沖田総司の関係は剣道のライバル

鬼丸猛と沖田総司は剣道のライバル同士です。

恋と推理の剣道大会で鬼丸猛は、決勝は辞退するが、準決勝は「一度手合わせしたかった相手がいるから参加する」と言っていました。

鬼丸猛の準決勝の対戦相手は「沖田総司」

鬼丸猛自身も、沖田総司の強さを認めて対戦したいと願う良きライバルだということですね。

コナン映画 YAIBAと繋がる鬼丸猛の声優

YAIBAと名探偵コナンに登場する「鬼丸猛(おにまるたけし)」ですが、演じる声優にも興味深い繋がりがあります。

YAIBAで鬼丸猛を演じたのは「堀川りょう」

YAIBAで鬼丸猛を演じたのは声優の「堀川りょう」さん。

名探偵コナンの「服部平次」の声を担当している方です。

名探偵コナンに登場するにあたり、そのまま堀川さんが担当する訳にはいかず、キャストは変更になっています。

鬼丸猛を誰が演じたのでしょうか。

名探偵コナンで鬼丸猛を演じたのは「津田健次郎」

名探偵コナンで鬼丸猛を演じたのは「津田健次郎」さんです。

あのカッコイイ低音ボイスで鬼丸が喋ってましたね。

ぶつかった蘭に丁寧に対応し、駆け寄ってきた大会関係者との受け答えも紳士的でした。

みんな大好きツダケンさんが、名探偵コナンで演じたキャラクターは鬼丸猛だけじゃないんです。

「津田健次郎」は『名探偵コナン 100 万ドルの五稜星(みちしるべ)』で土方歳三を演じる

劇場最新作『名探偵コナン 100 万ドルの五稜星(みちしるべ)』内の重要人物である「土方歳三」を演じたのも「津田健次郎」さんです!

最速上映で観てきましたが、これはめちゃくちゃハマり役でした!

名探偵コナンの剣豪担当のポジションになりつつありますね。

『名探偵コナン 100 万ドルの五稜星(みちしるべ)』で鬼丸と沖田が敵を倒して引き上げる際に、「沖田!」と呼びかけられた沖田は、鬼丸に土方歳三を感じる描写があります。

新選組最期の地となる函館で、土方の気配を感じて気合が入る沖田、同じ声優の津田健次郎さんを使って表現しているところが、面白いですよね。

沖田総司はYAIBAの中では「六代目沖田総司」として剣術の道を進んでいました。

作品は違えど、新選組の初代沖田総司の血を引く六代目沖田総司が、ゆかりの地で土方歳三の気配を鬼丸猛から感じたということは、鬼丸猛の先祖が「土方歳三」だったという描写なのかもしれません。

助太刀に来た際の「悪いやつが大勢いると聞いてやってきた」というセリフも、自分にも他人にも厳格な性格で、『鬼の副長』であった土方歳三の片鱗が伺えます。

考察の余地があって面白いですよね。

全国の映画館で『名探偵コナン100万ドルの五稜星(みちしるべ)』をお得に観る方法

U-NEXTの無料トライアルでは、映画チケット引換クーポンに使えるポイントをもれなく貰えるのですが、今回『名探偵コナン100万ドルの五稜星(みちしるべ)』の公開を記念して貰えるポイントが大幅増額!

600ポイント→ 1500ポイント

のキャンペーンを行っています。


【キャンペーン期間】
2024年6月9日(日)23:59まで

過去の「名探偵コナン」劇場版作品や、予習に最適なまじっく快斗シリーズも配信中なので、

  • これから劇場最新作を観に行く方
  • 予習復習で過去・関連作品を確認したい方
  • 劇場最新作をリピート鑑賞したい方

全ての方にオススメのサービスです。

>>U-NEXTに加入してポイントで『名探偵コナン 100万ドルの五稜星(みちしるべ)』を見る >>U-NEXTに加入して『名探偵コナン過去作品』『まじっく快斗シリーズ』を見る

▼コナンの映画最新作を観てからこの表紙を見るとエモい。裏表紙は平次と和葉。いつも服ダサいからドレスアップした和葉が可愛い!(笑)

>>「映画」記事一覧
>>「テレビ」記事一覧
>>「つまらない」感想まとめ

漫画 93巻~94巻

関連記事