映画ワンピースフィルムredでニカになったルフィのネタバレ|シーンや理由を考察

記事上のアドセンス広告

2022年8月6日に公開された「ONE PIECE FILM RED」には、

「ゴムゴムの実」改め「ヒトヒトの実」の幻獣種 モデル“ニカ”の力を覚醒させた“ギア5”が映像化されているました!

ニカの力が早くも映像化!これは嬉しい!

  • どんな場面で幻獣種 モデル“ニカ”の姿になったのか
  • なぜ“ギア5”になれたのか

をまとめてみました!

▼先に映画のネタバレを知りたい方はこちらをどうぞ

映画ワンピースフィルムredでニカになったシーン

映画「ONE PIECE FILM RED」で、ルフィは戦闘の最後で幻獣種 モデル“ニカ”の力を覚醒させた“ギア5”の姿になりました。

今作公開直前に発売されたコミックス103巻で初めて登場した内容です。

>>ONE PIECE 103 (ジャンプコミックス) 

今回の敵は?

映画「ONE PIECE FILM RED」での敵は、シャンクスが拾い、赤髪海賊団の音楽家として一緒に旅をしていた「ウタ」が呼び出した、島に封印されていた古代の悪魔「トットムジカ」です。

▼確かにこんな感じ、手足が鍵盤をモチーフにした形になっています。

ウタは「自分の能力で世界中の人々を仮想空間に閉じ込めて一生そこで暮らしてもらう。仮想空間は誰もが平等で願いが叶えられる幸せな世界だからみんな幸せになる」という思考を持っています。

ウタは「人々の幸せのため」に仮想空間に世界中の人々を取り込もうとする中で、「世界を滅ぼす危険因子だ」と動く海軍や、ルフィたち海賊からの妨害に遭い、邪魔するものを排除するために最終手段として島に眠る「トットムジカ」を呼び出します。

▼島に封印された魔王「トットムジカ」を呼び出す際に歌われた禁断の歌「Tot Musica」

▼確かにこれもトットムジカに似てる。

仮想現実でウタが島に封印された悪魔呼び出すと、その悪魔は現実世界にも出現する」との情報を、古代から伝わると思われる天井画からロビンが掴みます。

仮想現実と現実世界を繋ぐ悪魔を双方の世界から同時に攻撃することでより大きなダメージを与えることができ、「仮想現実と現実が繋がる」と読み、戦闘に入ります。

ニカになったのはどんなシーン?

仮想空間に閉じ込められたルフィーと、ウタを止めるために駆け付けた現実世界のシャンクスとが同タイミングで攻撃をしていくという場面

仮想空間でのウソップの指示をヤソップが見聞色の覇気で読み取って、現実世界で同じ指示を出し、同時攻撃を次々と繰り出していく中で、最後はルフィとシャンクスの攻撃。

  • 攻撃する際の顔面ドアップ
  • 攻撃後、倒れるトットムジカに対峙しているシャンクスとルフィの後姿

上記2点に“ニカ”の力を覚醒させた際の特徴である渦巻雲みたいな眉毛や髪、輪になった雲を背負った後姿が描かれていました。
(もっと多くあったかもしれませんが、分かりやすいところでいうとこの2つでしょう)

映画ワンピースフィルムredでニカになった理由

瞬間的・偶発的な覚醒

本編でルフィはカイドウに一度敗れ、そこから「ヒトヒトの実」の幻獣種 モデル“ニカ”の力を覚醒させています。

カイドウが覚醒について「心身が能力に追いついた時に起きる」と言っていましたが、今作の映画の中では、

ウタを救いたいという想いの強さが、シャンクスと共に繰り出したその一撃に強く込められて「心身が能力に追いついていた」

のだろうとも推察できます。

ただ、本格的に覚醒した描写はないので、あの「自由」で独特な攻撃スタイルは出てこず、ニカだったのは姿だけです。

今作が本編のどの辺りで起こったことかという時系列にもよりますが、カイドウと戦った後の本格的な覚醒後に起こった出来事だったとしても、瞬間的・偶発的な覚醒だったのかなという気もします。

仮想空間や現実世界に同時に表れる、ウタが呼び出した魔物というややこしい背景があり「2つの世界で同時に攻撃をしなくてはいけない」という難しさがあるだけで、ギア5を出す程敵キャラが純粋に強かったかというとそんなに強くなかったしな、と個人的には思いました。

思ったことが何でも叶う「仮想空間」で戦っていたから

ウタが作り出した「仮想空間」は、

ウタが思ったことを全て実現でき、誰もが平等で願いが叶えられる幸せな世界

その「仮想空間」で戦っていたルフィ。

ルフィの動物ゾオン系「ヒトヒトの実」幻獣種・モデル”ニカ”の【ニカ】とは、

空想のままに戦い人々を笑顔にしたという”解放の戦士”=”太陽の神ニカ”

を指しています。

覚醒した能力は、ゴムの体に更なる”腕力”と”自由”を与えるというもので、世界で最もふざけた能力として五老星に伝わっています。

ウタが作り出す仮想現実とルフィのニカの能力には、

「空想を実現できる」「自由」などの共通点があり、その親和性の高さが作用してニカの力が覚醒された可能性もありますね。

「お祭り映画」のサービスショット

正直、今作映画公開の数日前に発売した最新コミックスで初めて出てきた「ヒトヒトの実」の幻獣種 モデル“ニカ”の姿を映画内で登場させたことは、個人的には正直驚きました!

アニメで追っている視聴者には全く理解ができずに、置いてきぼりを食らうからです。

そんなことは百も承知でそれでも登場させたのは、連載25周年記念の年であり、本誌でのストーリーもいよいよ最終章に突入という節目で、

  • ストーリーの根幹とも言えるルフィの重大事項を早く知って欲しい思い
  • 本誌の読者の「ニカルフィの戦闘シーンを映像で早く見たい!」というリクエストに少しだけ応えた

ということではないかと思います。「姿だけ」という点が、アニメ派を突き放さない折衷案だったんでしょうね。

毎映画で時系列関係なくパラレルワールドを描いているワンピースの

「お祭り映画」のサービスショット

って感じかなと、個人的には考えています

映画ワンピースフィルムredでニカになったルフィのネタバレ|シーンや理由を考察 まとめ

最終章に向けて、ラストスパートかけてきたなという熱量を感じた今作の「ONE PIECE FILM RED」

是非劇場で確認して見てください!

DMMブックスなら8月25日(木) 14:59まで50%ポイント還元中なので、ワンピース原作や「ONE PIECE FILM RED」のノベライズ版など、この機会に購入しても良いかもしれません!

>>DMMブックスでワンピースを見る

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA