ジュラシックワールド炎の王国/ブラキオサウルスのかわいそうな役割|終わりと始まりの象徴

記事上のアドセンス広告

「ジュラシックシリーズ」の第5作目である『ジュラシックワールド/炎の王国』

本作の中で一番衝撃的で心に残るシーンは「島に残されたブラキオサウルスの死」ではないでしょうか。

あのブラキオサウルスには「ジュラシックシリーズの行く末」を象徴する悲しい役割がありました。

胸を締め付ける鳴き声と黒煙のシルエットに涙した方には、この役割を知るとより悲しみが増し、また感慨深い気持ちを抱くとも思います。

「ジュラシックワールド/炎の王国」ブラキオサウルスの悲しい役割とは?

前作でハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-REXが死闘を繰り広げ崩壊したテーマパーク<ジュラシック・ワールド>を有するイスラ・ヌブラル島で<火山の大噴火>の予兆が捉えられていた。迫り来る危機的状況の中、人類は噴火すると知りつつも恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸け救い出すかの究極の選択を迫られる。そんな中、恐竜行動学のエキスパート、オーウェン(クリス・プラット)はテーマパークの運営責任者だったクレア(ブライス・ダラス・ハワード)と共に、行動を起こす事を決意。島へ向かったその矢先に火山は大噴火を起こし、生き残りをかけた究極のアドベンチャーが遂に幕を開ける!



Filmarks

恐竜と至近距離で触れ合うことができる高級リゾート「ジュラシック・ワールド」で起きた悲劇を描いた第4作目から3年後の世界を描く今作。

恐竜保護を目的とした団体を立ち上げて恐竜の命を救う活動をしていたクレアは、恐竜が取り残されたイスラ・ヌブラル島で火山の大噴火が起こることを知り、オーウェンを誘って今も島に残るブルーをはじめとした恐竜を助けるために島に乗り込みます。

恐竜救出活動のサポートを頼んだロックウッド財団に裏切られ、恐竜にも襲われ、火山も噴火し、いつものようにてんやわんやの展開に。

イスラ・ヌブラル島から脱出して、舞台はロックウッド邸へ。

恐竜を密売しようとしているロックウッド財団経営者のミルズに見つかり、地下牢に閉じ込められたオーウェンとクレアは、逃げ出した際にロックウッドの孫である少女メイジーと出会い、ブルーをはじめとした恐竜を助けるために奮闘します。

インドラプトルと呼ばれる新しい遺伝子組み換えの恐竜も登場し、豪邸内を逃げ惑う3人は執拗に追いかけられて…

というあらすじです。

ブラキオサウルスとはどんな恐竜?

ブラキオサウルスは大型の植物食恐竜。
キリンのような首の長い恐竜で、体長は15m以上!

穏やかな性格や恐竜を象徴する雄大な姿で、世界中で大人気の恐竜です。

「ジュラシックワールド/炎の王国」ブラキオサウルスの登場シーンは?

活発化する火山から恐竜を救うため、オーウェン一行がイスラ・ヌブラル島に上陸。

ジュラシックシリーズ第1作目の「ジュラシックパーク」同様、今作で初めて遭遇した恐竜として登場したのが「ブラキオサウルス」です。

人間たちには目もくれずに悠然と木の葉を食べる様子に、クレアが立ち上げた恐竜保護団体に所属する医療担当のジアは、「感激…生でこの光景を見られるなんて…」と感無量でした。

いよいよ火山活動が本格化して溶岩から逃げる主人公と恐竜たち。

海岸まで逃げて、間一髪で船に乗り込むオーウェン一行。

出港した船から島の方を見ると、黒煙の中で助けを求めるように鳴き続けるブラキオサウルスの姿が。

溶岩から逃れるように2本の前足を上げて立ち上がり、悲痛な鳴き声をあげるブラキオサウルスのシルエットが黒煙に映し出され、そして消えていきます。

今思い出しても胸が詰まるような、涙無くして見られない悲しみのシーンですね。

ちなみに、このシーンは「E.T.」の心臓部を参考にしたとJ・A・バヨナ監督が明かしています。

確かに、そう言われたら似てますね!

「炎の王国」で死んだブラキオサウルスは「ジュラシックパーク」に出ていた恐竜と同じ個体!

先述したように、ジュラシックシリーズ第1作目の「ジュラシックパーク」でも、島にやって来たグラント博士一行が最初に遭遇した恐竜もブラキオサウルスでした。

駆け寄るグラント博士とエリーの頭上をゆっくりと歩き、立ち上がって木の上の草を食べるシーンは、グラント博士一行だけでなく、当時の観客たちを大興奮と感動の渦へと送り込みました。

まさに恐竜との出会い」「ジュラシックパークの幕開け」を象徴する名シーンですが、

  • 「ジュラシックパーク」でグラント博士一行が初めて遭遇したブラキオサウルス
  • 「炎の王国」で主人公達が上陸直後に遭遇し、溶岩に飲まれて死んだブラキオサウルス

この2体のブラキオサウルスは同じ個体だと、J・A・バヨナ監督が明言しています。

第1作でグラント博士たちに披露した2本の前足を上げて立ち上がるあのポーズを、奇しくも黒煙の中でも披露して絶命していったブラキオサウルス…。

長きに渡ってジュラシックシリーズに安心感を与えてくれる存在だった、あのブラキオサウルスだったと知ると、今回の「ブラキオサウルスの死」が一層悲しみを帯びてきますね。

「ブラキオサウルスの死」が象徴する“終わり”と“始まり”

「ジュラシックパーク」「ジュラシックワールド/炎の王国」に登場したブラキオサウルスが同じ個体であり、ブラキオサウルスで始まったジュラシックパークが、ブラキオサウルスと共に消滅したという事実。

それにより、炎の王国の中で描かれた「ブラキオサウルスの死」は、単なる恐竜の悲しい死ではない別の意味を持つとも考えられます。

恐竜が生存していたイスラ・ヌブラル島が消滅し、欲深い人間の行いによって

恐竜と共存を強いられた人間の世界が誕生した。

炎の王国のエンディングにマルコム博士が皮肉った

「真のジュラシック・ワールドにようこそ」

との発言。

雄大な恐竜であり、ジュラシックパークの象徴でもある「ブラキオサウルスの死」は、

この「ジュラシックパークの終わり」と「真のジュラシックワールドの始まり」を暗喩していたと言えるのかもしれませんね。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA