藤井風「死ぬのがいいわ」ついに世界制覇(バイラル)の快挙!可視化グラフや9/18までの動向おさらい

記事上のアドセンス広告

藤井風さんの「死ぬのがいいわ」がついにバイラルチャート世界制覇達成!

2022/9/17付のSpotifyバイラルチャートで、チャート集計中の73カ国全てにランクインという快挙を成し遂げました!

快挙が多すぎて麻痺してきてしまいますが、まだまだ勢いは衰えないようですね。

バイラルチャート世界制覇を達成した9/18時点までの下記をまとめました。

  • Spotifyでの動向
  • Spotify各チャートの説明
  • グラフでのチャート可視化
  • Spotify月間リスナー・フォロワーについて

過去の記事同様、藤井風さんの「死ぬのがいいわ」の動きについて、

「筆者自身が学んだことを忘れないようにまとめておく」
「数字が苦手な方にも今回の事象のすごさを共有できたらいいな」がコンセプトで、鋭い分析や目新しい情報はほぼありません。

引き続き、詳しい分析などはプロや専門家の方などにお任せするとして、素人感覚で気づいたことをより感覚的に伝えられるような内容を目指しています!

また、過去記事でも説明している内容も含まれていますので、読んで頂いた方はじゃんじゃん飛ばしてください!

<関連記事>

▼タイから始まった「死ぬのがいいわ」旋風の理由や、今後の展開について
>>藤井風/死ぬのがいいわタイで大バズの理由|海外からのコメントと世界で人気拡大の経緯

▼公式ユニバーサルミュージックの動きについて、より詳しく記載しています。
>>藤井風「死ぬのがいいわ」世界への広がりを可視化!何がすごいのかチャートや公式側の動きを調査

快挙多数!音楽サブスク【Spotify】での動向

まずは、音楽サブスクサービスの【Spotify】での動向を追ってみます。

Daily Viral Songs(バイラルチャート)

この記事を執筆中(9/18夜)に更新されたバイラルチャート。
※前日のチャートが、翌日21時頃に更新される。

9/16付のチャートではランクインしていない国はあと2カ国のみ。
そろそろかと思っていましたが、ついに9/17付で世界制覇達成!

おめでとうございます!

いやー本当にすごい!

恐らく、日本語楽曲で日本を拠点に活動しているアーティストでは初めての快挙ではないでしょうか。

グローバル版のバイラルチャートで1位になった瑛人さんや、2021年に世界中で10億回聴かれていたYOASOBI先輩、2021年に海外で最も再生された曲である「廻廻奇譚」も、全73カ国バイラルチャートインはされていなかったような…

できたら調べてみたいと思いますが、どちらにしても本当にすごいことですよね!

「バイラルチャート」は、SpotifyからSNSやメッセージアプリでシェア・再生された回数などをベースに、Spotifyが独自に指標化したランキングで「今SNSで最も話題になっている曲を表している」とも言えます。
グローバル、国・地域別のチャートがあります。

出典:Spotify

人から人へと伝わり拡散していく「バイラル=ウィルス性」の名の通り、動向の予想がつかず非常に移り変わりが激しい側面がありますが、
バイラルチャートは「ヒットの起点」とも言われる“今”を知ることができる「生きているランキング」と言われています。

世界に広がっていく様子を見るのに最適なチャートということです!

また、音楽サブスクリプション(聴き放題)サービスの世界シェアNo.1はSpotify。現在183の国と地域に展開しています。(チャート集計しているのは73の国と地域)

成長に陰りが出てきたということですが、それでも世界の音楽サブスク利用者が5億2390万人いる中で、Spotifyの利用者は全体の31%を占めています。※2022年1月時点



画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 00_m.png

出典:Gigazine

その点を鑑みても、Spotifyのランキングは世界の動向を見る上で信用性があると言えそうですね!

前回の記事では、バイラルチャートを動くグラフで可視化して「死ぬのがいいわが世界に広がっていく様子」を見て頂きました。

今回もまた動く棒グラフなんですが、国数も多くなってきたので、エリア別に分けて作成してみました。

前回は、日を追うごとに国数が多くなりすぎて詳細は確認できなかったと思いますが、国や地域、日付ごとに区切ることにより、より詳細が把握しやすくなったらいいなと思います。

※9/17付分まで更新しています

アジア・オセアニア・アフリカ地域 2022/8/9~9/17

ヨーロッパ 2022/8/23~9/17

北米・中南米 8/27~9/17

こうやって見ると、ランクインしているだけじゃなくて、多くの国が10位以内なんですよね!

2022/9/17付のランキングでは、TOP10入りしているのが63カ国。
73カ国中、10カ国を除いた全ての国がバイラルチャート10位以内!

藤井風さんの「死ぬのがいいわ」に新しく出会い、誰かに教えたくてSNSでシェアをしている人が世界にまだまだ多くいる状況だということが分かりますね。

この勢いを土台にして、Spotifyの各種チャートや他の音楽サブスク、SNSのチャートの順位も更に上がる伸びしろを秘めてます。本当にすごいことですね!

個人的には、あれだけ沢山のアーティストがいるアメリカでも3位に入っていることに驚き。
(知名度のある自国のアーティストの曲はSNSシェアせずとも皆知っているし、即Top Songsチャートに入るっていうこともあるのかな。)

バーが小さすぎて良く見えないけど、73カ国入り乱れている様子が見たい方は、全世界版のバイラルチャートをどうぞ↓

Spotifyチャートの詳しい説明

SpotifyチャートにはViral(バイラル) Top Songs 200 Top Artists 200 Top Albums の4種類があります。

カテゴリーも国・地域別のチャート Global版(全世界総合) Daliy(1日単位) Weekly(週単位)とあります。


バイラルチャートの説明はSpotify公式ページにも詳しく書かれていますので、是非ご覧ください。

一般的な動きとしては、話題になり人気が高まってくると下記の流れで曲がチャートに出現してくることが多いようです。

<チャート種類>

Viral Songs
   ↓
Top Songs 200
   ↓
Top Artists 200
   ↓
Top Albums


ザックリ言うと、バイラルチャートは比較的ランクインしやすく、その他は難易度が高いという感じですね。


<チャートのカテゴリー>

Daily or Weekly

週間チャートなのか、1日単位のものなのかについては、1日単位のデイリーチャートの方がランクインしやすいです。

Daily → Weekly

<チャートのカテゴリー>
国別 or Global

これは説明不要かもしれませんが、国・地域別のチャートに複数ランクインした後、全世界総合チャートに出てくるという流れです。

国・地域別 → Global

各チャートの詳細と出現傾向の説明はこちら(藤井風さんの現状併記)

<STEP1>

SNSなどで話題になった曲は、国・地域別のDaily Viral Songsチャート(以下バイラルチャートと表記)にランクインします。

※元々知名度があるアーティストの曲やタイアップ曲などは、バイラルチャートをすっ飛ばして「Daily Top Songs」チャート入りすることもある。

Daily Viral Songs(バイラルチャート)(国・地域別→Global)

バイラルチャートとは「今SNSで最も話題になっている曲」のランキング。SNSシェアをベースにしたチャートです。

ランクインする国・地域数が増えてきたら、各国のバイラルチャートを集計した「Daily Viral Songs Global」(バイラル グローバル)というバイラルチャートの全世界総合版にランクインしてくる。

「死ぬのがいいわ」の現在の状況(9/17付)

73カ国のバイラルチャートにランクイン(全73カ国制覇!)

・全世界総合版の「バイラルチャート グローバル」で4位

<STEP2>

「SNSシェアなどで話題」「バイラルチャートで曲の順位が上る」「Spotifyで曲を再生する人が増える」という現象が起きると、その曲は国・地域別の「Daily Top Songs 200」にランクインしていきます。

Daily Top Songs 200(デイリートップソング) (国・地域別→Global)

Daily Top Songs 200」とは、Spotify上で「その国・地域」で「その日」に多く再生された上位200曲のランキング。

当チャートにランクインする国数が増えてきたら、各国・地域のDaily Top Songsを集計したDaily Top Songs Global」という全世界総合版にランクインしてくる。

「死ぬのがいいわ」の現在の状況(9/18付

22カ国の「Daily Top Songs」チャートにランクイン (全73カ国中)
※チャートイン後、圏外になった国も含む。

・全世界総合版の「Daily Top Songs Global」で72位
日本語楽曲、日本発アーティストで初ランクイン

<STEP3>

「バイラル」「Daily Top Songsチャート共に上位に上ってくると、同時並行でその国の「Daily Top Artists 200」にランクインしてくることもあります。

Daily Top Artists 200/デイリー トップアーティスト(国・地域別→Global)

「Daily Top Artists 200」とは、Spotify上で「その国・地域」で「その日」に多く再生された曲を持つ「アーティスト」上位200人のランキング。

ランクインする国数が増えてきたら、各国の「Daily Top Artists」を集計した「Daily Top Artists Global」という全世界総合版にランクインしてくる。

Daily Top Artists」チャートは、各アーティストが配信中の全楽曲の再生回数を合算集計するので「順位の高い曲が複数ある状態」または「1曲が突出して再生回数を稼いでいる状態」でないとランクインできない傾向があり、これまでのチャートよりランクイン難易度は高め。

「死ぬのがいいわ」の現在の状況(9/17付

11カ国の「Daily Top Artists」にランクイン (全73カ国中)
→藤井風楽曲の中で2番目に再生回数の多い「きらり」も、最新日のデータだと「死ぬのがいいわ」の1割ほど。
「まつり」「何なんw」「damn」などもバイラルチャートにはランクインしていますが、ほぼ「死ぬのがいいわ」1曲の力がチャートに反映されていると考えて良いかと。すごい!

・全世界総合版の「Daily Top Artists Global」圏外

<STEP4>

人気が瞬間的ではなく週単位で続くと、各チャートの「Weeky」カテゴリー(週間)でもランクインするようになります。
※バイラルチャートには「Weeky」はなし。

各種「週間チャート」現在の状況(9/9~9/15付

Top Songs
「死ぬのがいいわ」

16カ国の「週間Top Songs」にランクイン (全73カ国中)
■「Weekly
Top Songs Global」117位

Top Artists
「Fujii Kaze」

10カ国の「週間Top Artists」にランクイン (全73カ国中)
■「Weekly Top Artists Global圏外

Weekly Top Albums
「HELP EVER HURT NEVER」

8カ国の「Weekly Top Albums」にランクイン (全73カ国中)
■「Weekly Top Albums Global圏外

~その他~

アルバム収録曲の場合、アルバム単位で再生数を計算したチャート「Weekly Top Albums」にランクインすることもあります。
※週間チャートのみでデイリー版はなし。

Weekly Top Albums(ウイークリー トップアルバム)(国・地域別→Global)

「Weekly Top Albums」とは、「その国・地域」で「その週」に多く再生された「アルバム」のランキング。デイリー版はなし。

その後ランクインする国数が増えてきたら、各国・地域のWeekly Top Albumsを集計した「Weekly Top Albums Globalという全世界総合版にランクインしてくる。

Weekly Top Albums」チャートは、アルバム単位での集計になるので「順位の高いアルバム収録曲が複数ある状態」または「アルバム内の1曲が突出して再生数を稼いでいる状態」でないとランクインできない傾向があり、Top Artists」と同じくチャートイン難易度は高め。

「HELP EVER HURT NEVER」現在の状況(9/9~9/15付

8カ国の「Weekly Top Albums」にランクイン (全73カ国中)
■「Weekly Top Albums Global圏外

Daily Top Songs 200デイリー トップソング

続いては「Daily Top Songs 200」を見てみましょう!

Daily Top Songs 200(デイリートップソング) (国・地域別→Global)

Daily Top Songs 200」とは、Spotify上で「その国・地域」で「その日」に多く再生された上位200曲のランキング。

当チャートにランクインする国数が増えてきたら、各国・地域のDaily Top Songsを集計したDaily Top Songs Global」という全世界総合版にランクインしてくる。

Top Songs 200の説明は、Spotify公式ページにも詳しく書かれていますので、是非ご覧ください。

「死ぬのがいいわ」の現在の状況(9/18付

22カ国の「Daily Top Songs」チャートにランクイン (全73カ国中)

・全世界総合版の「Daily Top Songs Global」で72位
日本語楽曲、日本発アーティストで初ランクイン

<動くグラフで見るDaily Top Songs」チャート

前回の記事でユニバーサルの動向をまとめる際に「バイラルチャートから、各国のDaily Top 200 チャートにランキング入りするための底上げの意味もあるかも」と記載しました。

バイラルチャートは「SpotifyからのSNSシェア」がベースのチャートになるので、一過性で流動的な傾向があります。
(その不安定な傾向にあるチャートに安定して入り続け、更には世界制覇した事実は改めてすごいことですね!)

一方で「Daily Top 200チャート」は純粋な「Spotifyでの再生回数」をベースにしたチャート。

このチャートに入ることで晴れて正真正銘「人気曲」の仲間入りとなる訳です!

初の快挙!「Daily Top Songs Globalランクイン

特にすごいのは、チャート集計している73カ国全てを対象とした「Daily Top Songs Globalにも現在72位にランクインしています!

「Daily Top Songs Global」の順位と再生回数の一覧

Spotify Chart Historyより引用(多分公式サイトではない)

「Daily Top Songs Global」の順位と再生回数のグラフ

※グラフ上をクリックすると詳細の数字が出てくるので、気になる日があったら確認してみてください!

世界の72位ですよ!しかも15日間連続のTOP200入り。※9/4~9/18付まで
バイラルチャート世界制覇と併せて、これはすごい快挙です!

そして、日本語楽曲、日本発アーティストでランクインしたのは藤井風さんが初めてかと思われます!

日々、藤井風さんの情報を発信されているKazeverカゼーバさんが調査・Twitter投稿されているので共有します。
※筆者は挫折したこの調査、調べ切ったカゼーバさんすごいです!本当に大変だったはず。

過去「Daily Top Songs Global」にランクインした日本人アーティスト

オノ・ヨーコ
「Happy Xmas(War Is Over)- Remastered 2010」
John Lennonとの楽曲
2017/12/24 7位

リナ・サワヤマ
「Beg For You」
Charli XCXの楽曲にfeat. という形で参加
2022/01/28 97位

Joji
「Glimpse of Us」
2022/06/15 1位

ソノヤ・ミズノ
2017/02/27 165位
「Someone In The Crowd」(ラ・ラ・ランド劇中歌)
※エマ・ストーンの同居人役を演じた日系イギリス人女優
カラフルドレスの4人が道路で歌って踊るアレです。

出典:KazeverカゼーバさんのTwitterより

Jojiさん以外は皆さん、単身ではなく客演や複数人での楽曲ですね。

それだけGlovalチャートの壁は厚いということでしょうか。

ここまでで分かった藤井風「死ぬのがいいわ」人気のすごさ

  • 日本語楽曲、日本発アーティスト初の快挙
    (バイラルチャート制覇、「Daily Top Songs Global」15日連続ランクイン)
  • タイアップや、客演一切なしの「楽曲一本勝負」での結果である
  • 世界的にマイナーな日本語楽曲がここまで広く受け入れられていること

Spotify月間リスナー数・フォロワーとは?

続いては、Spotifyの月間リスナー・フォロワー数について。

Spotify月間リスナー数とは?

測定日(毎日更新)を起点に、過去28日間にそのアーティストの楽曲を再生したリスナー数。
1ユーザー1日1回カウントのため、同じユーザーが同じアーティストの曲を多数再生しても、リスナー数としては1人しか増えない。

※月によってカレンダーの日数が異なるため、時間枠を直近28日間に設定している。

※リスナーの聴き方は曜日によって変化し、28日間という時間枠を使用することで、常に曜日が同じ数ずつ含まれる(月曜日、火曜日、水曜日の各日数が同じ)。

出典:Spotify

Spotify フォロワーとは?

アーティストページに 「いいね!」 したリスナー、またはアーティストページを「フォロー」しているリスナーのこと。

出典:Spotify

前の記事「本人最多の250万人達成!フォロワー73万人」なんて喜んでいたのが2022/8/25。

そこから1ヵ月も経たずに2倍以上の月間リスナー540万人超えです!
フォロワーも91万人達成!

この1ヵ月の藤井風さんの勢いを如実に物語っていますね。
※2022/9/19現在

出典:Spotify

そしてインドネシアのジャカルタのリスナー数が大阪梅田を抜いて、東京に次ぐ第2位になっている!こちらの勢いもすごい!

下記は、月間リスナー数とフォロワーのグラフです。まーキレイな右肩上がりだこと!
※グラフ上をクリックすると詳細の数字が出てくるので、気になる日があったら確認してみてください!

▼月間リスナーとフォロワーの増加数はこちら。

8/25の月間リスナー数が大幅に伸びていますが、これは8/23にユニバーサルミュージックから「死ぬのがいいわ」の武道館ライブのYoutube動画が公開されたことと関係するかもしれません。

こうやって増加数だけ見るとマイナスになっている日や、微増に留まっている日もありますね。

あまりにもすごい数字や伸び数を見すぎていると、こういう「ちゃんと停滞している状態」に対して「数字の裏にちゃんと人間がいるんだな」と、少し安心するという謎の心境になったりします。

そして、藤井風さんの現時点での月間リスナー数は、国内アーティストで1位に躍り出ました!

▼世界中にファンが多いYOASOBIよりも多いリスナー数です。※2022/9/19現在

出典:Spotify YOASOBI

ただ、フォロワーはケタ違いでYOASOBIが多いですね!
知名度・人気共に定着していることが読み取れます。

「死ぬのがいいわ」旋風をきっかけに「藤井風」というアーティストにどれだけ興味を持ってもらえるか、フォロワー数の増加や他チャートの動きが楽しみですね!

Billboardのグローバルチャート」にランクインするかが気になる

やはり今後の展開として期待してしまうのは「Billboardのグローバルチャート」へのランクイン。

音楽チャートに詳しくない筆者も知っている「世界的に影響力のあるBillboardチャート」に登場したら、より世界規模で知名度が上がります。

毎週火曜に更新されているようで、先週9/13発表分にはランクインしていませんでした。

Billboardのグローバルチャート」には2種類あり、

  • Global 200
  • GlobalExclUS(Global 200からアメリカ国内分のポイントを差し引いたチャート)

「Global 200」に入ってきて欲しいところです。
※藤井風さんの「きらり」も「Global 200」で最高135位にランクインしたことがあります。

この世界的な大バズりで「死ぬのがいいわが入らない訳がない!」と個人的に思っておりますが、どんな結果になるでしょうか!?
(Billboardのグローバルチャートの集計対象なども頭の整理のためにそのうち記事にできたら良いなと思いますが、なかなか追いつかない…)

最新のチャートは2022/9/20(火)発表です!

リアルタイムで世界に知られていく様子を垣間見ることができる「同じ時代に生まれた」特権として、この珍しい快進撃を一緒に楽しんでいきましょう!

<magazine>

「藤井風 完全読本」だけあって、これまでの生い立ちや1st、2ndアルバムの内容など、本人から引き出された言葉で深く理解できるマストな一冊。

別名「人を魅了する天才の育て方 ~藤井風の場合~」
ヘタしたらめっちゃウザがられそうなくらいw 真っ直ぐな愛に溢れたオトンの存在ですが、子育て中の親としてとても興味深かったです。

雑誌は売り切れ。電子版はAmazonなどで購入可能!
筆者は雑誌を購入しましたが、文字がえらい小さくてボリュームもすごいので、電子版で拡大しながら読むのもありだなと思いました!

>>MUSICA5月号電子版をAmazonで見る

【藤井風】記事一覧はこちら

▼ツアー全日程のセットリスト・レポート、衣装については、こちらからご覧ください

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA