藤井風「まつり」ロケ地は2箇所!撮影場所は臨江閣と楽山園!SNSでは監督予想も!

記事上のアドセンス広告

いよいよ藤井風の新曲「まつり」が公開されます!いや~ワクワク。

先行してまつりMVのティーザーが(情報を断片的にしたり小出しにしたりする広告)が公開されましたが、ここはお寺?神社?和風の大広間が気になりますね。

また、まつりMVは児玉監督が撮ったのではないかとの予想する風民多数!

気になる「まつり」ロケ地や監督についてまとめました!

【この記事で分かること】
・藤井風「まつり」のMV撮影場所
・藤井風「まつり」のMV撮影場所へのアクセス
・藤井風「まつり」のMVの監督予想とその理由

※こちらで使用した藤井風の動画・画像は、転載OKの藤井風公式アプリ、Youtubeから引用しています。

藤井風のまつりMVの大広間は【臨江閣】群馬県前橋市

藤井風さんの2ndアルバム発売に先行して、楽曲「まつり」のMVティーザーが公開されました!

ちょい濃いめのメイクで修行用の布団に寝てる藤井風さんが、顔をしかめながら起き上がる。

そして厳かな和の雰囲気にそぐわないカラフル過ぎるタイダイ染めのトップス!スエット!変な動き!一度聴いたら頭から離れない掛け声なのか合いの手なのか、ジャンルレスな藤井風さんの歌声、、、4回目のあ~あいの外れた声に風くんがいて中毒性があって、、、(語彙力)

このブチ抜けた世界観、もう冒頭26秒でヤバいことになりそうな予感がしますね!

カメラが引くとそこは和室の大広間!

この気になる大広間は、群馬県前橋市にある、

臨江閣(りんこうかく)

だと思われます!

出典:ぐんラボ
出典:臨江閣別館(群馬県前橋市)

掛け軸や壺っぽい置物も同じなので、間違いなさそうですね!

こちらの大広間は、臨江閣別館の2階にあるようです。

藤井風のまつりMVのロケ地、臨江閣とは?

臨江閣 本館 出典:前橋まるごとガイド

臨江閣は群馬県前橋市にある近代和風の木造建築で、本館・別館・茶室があり、明治時代に当時の群馬県令(知事)楫取素彦や地元有志の協力によって建築されました。

2018年に国指定の重要文化財に指定され、無料で見学できることもあり、人気の観光スポットになっています。

藤井風さんのまつりMVを撮影した臨江閣別館は、貴賓館として建築された建物です。

臨江閣 別館 出典:前橋まるごとガイド

藤井風さんがいた2階にある大広間は180畳もあり、詩人の萩原朔太郎の結婚式も行われた場所だそう。

そんな歴史的な建物にも寝そべりかましているだからさすが藤井風!

その他にも臨江閣は多くのドラマや映画などに利用されていて、2014年のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』のロケ地としては有名なんだとか。

また、2019年『まだ結婚できない男』、2018年『探偵が早すぎる』『ニセコイ』などのドラマ撮影も行われたとのこと。

筆者は探偵は早すぎるを見てたので、

「確かに最後に一族と対決する時のお屋敷、こんなんだった!」

と、今更のロケ地特定に少し興奮しました(笑)

【追記】SNSでの反応

MV公開後はまさにお「まつり」騒ぎ!

前橋市シティープロモーションの公式Twitterでも「まつり」MVの話題に触れています。

反響があったんでしょうね!

早速、聖地巡礼に行ってきたファンの方の投稿も相次いでいます。

臨江閣 施設詳細情報

指定区分国指定重要文化財(本館、別館、茶室) 平成30年8月17日
開館時間午前9時から午後5時まで(観覧無料)
ただし、入館は午後4時30分まで
休館日毎週月曜日(祝日の場合は開館。直近の平日が休館となります。)
年末年始(12月29日~1月3日)
交通アクセスJR前橋駅からバス(群馬中央バス 新前橋駅西口行き)で10分、遊園地坂下にて下車、徒歩5分。
駐車場隣接する前橋公園の駐車場をご利用ください。
敷地内には原則として駐車できません。
お身体が不自由な方は、事前にお問い合わせください。
所在地前橋市大手町三丁目15番
電話番号027-231-5792
(注意)貸館利用等のお問い合わせは文化財保護課 027-280-6511へ
その他イベント開催中は、見学制限をする場合があります。見学・利用に関しては、文化財保護課へお問い合わせください。
出典:前橋市臨江閣紹介ページ

藤井風のまつりMVの庭園は【楽山園】群馬県甘楽郡

みんなで歌えや踊れや団子食えやしていた庭園も臨江閣かと思いきや、どうやら違うようです!

こちらの庭園は、臨江閣と同じく群馬県甘楽郡にある、

「楽山園」でした!

藤井風のまつりMVロケ地・楽山園とは?

楽山園は、江戸時代初期に織田氏によって造られた群馬県唯一の大名庭園です。

出典:甘楽町役場HP

江戸時代初期の池泉回遊様式(庭を眺めるだけでなく、歩いても楽しめる)の庭園で、京都の桂離宮と同じ特色なんだとか。

複数の茶屋が配置されて、茶屋を巡るルートも考えられた造りになっているようです。

国指定名勝(文化財保護法で認定されている名勝のうち、国が認定を行ったもの)にもなっています。

庭園内の梅の茶屋では座敷に上がることができるよう。

こんなところにも寝そべりスポットが!

出典:庭園ガイド
出典:群情色。

寝そべり好きの藤井風ならここでも、、、(笑)

「庭園美」の極みといえる心やすらぐ空間で抹茶でも頂きながら、イヤフォンで「まつり」鑑賞というのも、風民の中での新しい聖地巡礼の仕方になるかもしれませんね!

【追記】SNSでの反応

どうやらここ、寝そべりはしなかったみたいですが、使われたようですね!

ロケ地に行ってきた方の投稿も沢山ありました!

楽山園 詳細

指定区分国指定名勝 2000年3月30日 
開館時間3月~10月/午前9時~午後5時(入園は午後4時30分まで)
11月~2月/午前9時~午後4時 (入園は午後3時30分まで)
休館日年末・年始 (12月29日~翌年1月1日)
※台風や大雪などの際は臨時休園する場合があります。
交通アクセス 【お車の方】
上信越自動車道からは…富岡ICより約3.5km
 国道254号線高崎方面からは…福島交差点から甘楽町役場方面へ約3.5km

【電車をご利用の方】
JR高崎駅 0番線から上信電鉄(下り)に乗車し、約30分の上州福島駅下車。
観覧料高校生以上/300円 (団体20人以上/250円)
中学生以下/無料
所在地 群馬県甘楽郡甘楽町大字小幡648-2
電話番号0274-74-4795
その他バリアフリーへの対応】
 ・楽山園入口にある番所に車イス2台を用意しています。
 ・園内に入るには中門の横から段差のない入口があります。拾九間長屋のトイレは車イスのままご利用いただけます。
 ・園内は舗装がしてあり車イスのまま見学できますが、梅の茶屋がある池の西岸や南東庭園の一部は砂利敷きや石段になっています。ご了承ください。
出典:甘楽町役場HP

藤井風まつりのロケ地2地点は車で30分ちょっと!

聖地巡礼したい風民に朗報!

まつりMVのロケ地だと思われる臨江閣と楽山園は、車で30分ちょっとで行けちゃう近さ!

関東近郊からも車で2~3時間ほどあれば行ける距離ですので、1日かけて群馬内「まつり聖地巡礼ツアー」をしてみるのもいいかもしれませんね!

藤井風まつりMVの監督は児玉裕一?

【追記】

まつりMVの監督が判明しました!詳しくは↓

2022/3/26(土)に放送される「藤井 風 MUSIC VIDEO SPECIAL -特別解説版」

過去にMV監督を務めた児玉裕一さん、関和亮さんと制作の裏話などを語るシーンもあると告知されました。

直近の「燃えよ」を監督した関和亮さんの出演は分かるのですが、「帰ろう」の監督である児玉裕一さんとこのタイミングで対談するのは何でだろう、とちょっと気になっていたんですよね。

「帰ろう」MVが素晴らしくて話題になっていたというのはあるのですが。。。。

そんな中で「まつり」MVのティーザー公開。

日本庭園、和風家屋などの美しい日本と遊び心が詰まっていて東京事変の「緑酒」を思い出し、

そうか、まつりのMV撮ったのは児島監督だからかも!」と感じました。

このMVもめちゃくちゃ美しくてかっこいいですよね!

深い歌詞と美しい映像、美しい日本とその日本を憂う歌詞。

こんな風に円熟味を増していける年の取り方をしたいと心から思った思い出のMV。

「まつり」に「緑酒」テイストを感じた方はやっぱり他にもいらっしゃったようで、SNSには「まつりは児玉監督予想」がちらほらありました!

さあ監督は誰でしょう!

いや~情報小出しにしてくるから、予想も楽しい時間ですね!

藤井風「まつり」ロケ地は2箇所!撮影場所は臨江閣と楽山園!SNSでは監督予想も! まとめ

【この記事のまとめ】
・藤井風「まつり」MV撮影場所は、群馬県にある臨江閣と楽山園

・藤井風「まつり」MVは児玉監督が撮影したと予想
<理由>
→まつりMVのテイストが東京事変の「緑酒」(児玉監督撮影)に似ている
→スペースシャワーの特番で、児玉監督と対談しているから

毎日18時、藤井風公式アプリからの怒涛のお知らせに、息切れしながら嬉しい悲鳴を上げていた風民さんも多いと思います!(筆者もまさにその1人。追いかける体力が、、、笑)

いよいよ今日は前夜祭、まつりの先行配信!息を整えて全力で楽しみましょう!

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA