鍵山優真の父・正和の病気や麻痺や杖の理由|若い頃の演技映像や親子比較も!

記事上のアドセンス広告

北京オリンピック男子フィギュアスケートの代表選手に選ばれた鍵山優真選手!

父である鍵山正和さんは、コーチとして鍵山優真選手を支えています。

キスアンドクライで採点発表を待つ鍵山正和コーチの麻痺や杖、車椅子で移動する姿が気になった人もいると思います。

今回は鍵山正和コーチの病名や麻痺や杖の理由、イケメンな若い頃の演技や選手としての親子の共通点など調査しました!

鍵山優真の父・正和の病気は脳出血

鍵山正和コーチは、2度の五輪出場を経験されている元フィギュアスケート選手で、現在は鍵山優真選手のコーチとして、二人三脚で五輪を目指しています。

そんな中、46歳だった2018年6月23日に脳出血で倒れました。

鍵山優真選手は当時中学3年生で、ジュニアグランプリシリーズの代表選考会で演技をしていた時だったようで、

「あまり状況が状況が理解できなくて、気づいたらお父さんが病院にいた」と語っています。

鍵山優真選手にとって「そばにいてくれないと、すごい不安になる」というほど、父としてもコーチとしてもかけがえのない存在。

鍵山正和コーチが病に倒れたことは、相当なショックがあったと思います。

鍵山正和コーチの病気「脳出血」とは?

鍵山正和コーチが襲われた「脳出血」とは、一体どんな病気なのでしょうか。

脳出血とは、「脳卒中」の症状のひとつです。脳に張り巡らされた血管に障害が起こる病気で、多くの場合は激しい頭痛を伴い、半身の麻痺などが起こります。

脳出血の直接の原因は、文字通り「出血」です。脳の血管が破れて血液があふれ出し、固まって「血腫」となって周囲を圧迫し、脳細胞を破壊してさまざまな症状を引き起こします。

BTR アーツ銀座クリニック

脳出血の種類や症状によっても症状が異なる場合があるようですが、

鍵山正和コーチが出演されている映像などで確認すると、左半身の麻痺が見られるので、下記の出血だったのではないかと推測します。

【被殻(ひかく)出血】
ここの血管が破れて脳出血が起こる割合が、最も多いといわれています(40~50%)。出血が起こると、頭痛や麻痺が症状として見られます。具体的には、体の半身が麻痺を起こす「片麻痺」や、顔の片側がゆがんでしまう「顔面神経麻痺」などが挙げられます。

BTR アーツ銀座クリニック

脳出血の原因として、一般的には「高血圧」や、高血圧に伴う「動脈硬化」が引き金になって起こると言われています。

高血圧や動脈硬化は生活習慣病の1つですので、誰にでもなる可能性がある病気と言えそうですね。

鍵山正和コーチの後遺症について

鍵山正和コーチは脳出血で倒れてから約半年間は鍵山優真選手のコーチ業を離れて、入院やリハビリなど闘病生活に専念します。

左の手足や顔面に麻痺が残ったとお見受けしますが、ここまでの状態に回復するには相当の努力があったと思われます。

一命を取り留めたこと、コーチができるまでに回復できたこと、本当に良かったですね!

下記は全日本フィギュア選手権2021でフリーの演技が終わった後のキスアンドクライの動画です。

鍵山正和コーチは動画の最後、次の滑走の宇野選手に対して拍手をする際、右手で太ももを叩いて拍手をしています。

歩くときは常に杖をついて、左手は力が通っていないように見えます。
※動画を再生するとその場面に飛びます。

顔の麻痺は現状、重度ではないようにお見受けします。

笑顔の際にも気になるほどの引きつりなどは感じられませんが、インタビューなどを拝見すると、口元の動きや発語に多少影響が出ているのではと推察します。

引用元:鍵山優真 父の涙と息子の覚悟
引用元:鍵山優真 父の涙と息子の覚悟

ちなみに、このインタビューは2021年4月のもので、写真1枚目は優真選手がやる気が出なかった時(ちょうど中学生時代)のことを尋ねられた時の笑顔。

2枚目は、充分に上を狙っていける実力がついたから頑張っていこうという話をしていたら、本人がインタビューで「全日本の表彰台を狙っていける」と公言してしまったというエピソードを話している時の笑顔。

息子への愛情あふれるいい笑顔ですよね!

また、長距離の移動の際には、車いすを利用しているようです。

上記は、2021年3月の世界選手権の開催地であるスウェーデンから帰国の際の写真です。

鍵山優真選手が日本男子史上最年少の17歳で銀メダルに輝いたこの大会には、鍵山正和コーチが同行していました。

脳出血で倒れて以来、海外の大会には鍵山正和コーチの代わりに振付師の佐藤操さんが臨時コーチとして帯同してくれていました。

「ずっと一緒に行きたかった。すごくうれしい」と鍵山優真選手が語るように、鍵山正和コーチの存在が大きな力になって結果に繋がったのでしょうね。

親子三代にわたるスケートの絆

鍵山優真選手がスケートを始めたのは5歳の時からで、幼い頃から表彰台常連だった羽生結弦選手や宇野昌磨選手に比べ小学生の頃は1度も全国大会の表彰台に上ることはありませんでした。

父・正和コーチの母親で、鍵山優真選手の祖母である平川佐治子(さちこ)さんは、スケートを始めた頃の優真選手のことを「普通の少年に見えた」と話しています。

正和コーチの現役時代の衣装と平川佐治子さん 引用元:朝日新聞

元々スケート好きだった祖母の平川佐治子さんが30代でスケートを習い始めた際に、リンクに息子である正和コーチを連れていったことがきっかけで、正和コーチのスケート人生も始まりました。

自分もスケートを習い、息子はオリンピアンの平川佐治子さんが感じるのですから、鍵山優真選手がスケートを始めた当時はまだ、抜きん出た才能が表れていなかったのでしょう。

その小学生時代からこの快進撃。

今日までの過程に親子でどれだけの努力があったのか、幼さやかわいらしさの奥にある鍵山優真選手の「芯の強さ」や、それを引き出した正和コーチの指導力が明確に想像できるエピソードですね

正和コーチは離婚していて、鍵山優真選手と父子2人での生活をしているとのことで、正和コーチが闘病中は、息子に代わって祖母である平川さんが鍵山優真選手の身の回りの世話をして、練習へ送り出していました。

平川さんもまたシングルマザーとして、お金を工面しながら正和コーチのスケート人生を支えていて、まさに、親子三代で苦難を乗り越えたスケートの絆だなと感動しました!

お時間がある方は、是非先程も紹介したこのキスアンドクライの動画を最初から見てみてください!

戻ってきて鍵山正和コーチと抱き合った瞬間、こらえきれずに泣き出した優真選手と、終始温かい表情で優しい言葉をかける正和コーチ。

滑走後の興奮冷めやらぬ鍵山優真選手と、結果発表に対して静かに緊張している鍵山正和コーチの姿に、2人の関係性がとても良く分かるなと思いました。

てっきり、親子だから厳しい指導をされているかと思ったのですが、本当に優しく包み込むような鍵山正和コーチ言葉かけにビックリしました。

鍵山優真の父・鍵山正和コーチの選手時代の演技

1991年から全日本フィギュアスケート選手権 3年連続優勝
1992年アルベールビル五輪・1994年リレハンメル五輪 2大会連続出場

という華々しい経歴で、日本の男子フィギュアスケート界を牽引したトップスケーター選手だった鍵山正和コーチ。

日本人で初めて4回転を飛んだ選手としても有名です!

端正な顔立ちのイケメンで、とても雰囲気があります。

その現役時代の演技の映像を見てみましょう。

とても美しいスケートですよね!

着氷がとても柔らかくて滑らかで、鍵山正和コーチの強みである膝と足首の柔らかさが、しっかりと鍵山優真選手に受け継がれていることが分かりました。

顔や体形も似ているからか、上半身を使った表現も似ている気がしますね。

下半身と軸がしっかりした「正しさ」を感じるスケートは、鍵山正和コーチの指導や、譲り受けた遺伝子の影響も大きかったんですね。

また、ちょっと気になる映像も見つけたので紹介します。

選手時代の鍵山正和コーチに対して持っていた「真面目で寡黙なイメージ」をぶち壊してくる衣装に、どう受け止めていいか困惑していますが(笑)

Apollo13でこの衣装ということは、宇宙人を表現しているのでしょうか?

ファミコンの襲撃音のような急展開で動画は終わっていて先が気になりますが、スケートは相変わらず滑らかで美しいですね!

親子同じ曲で演技 ~映画 タッカー~ 

鍵山優真選手は、鍵山正和コーチが選手時代に使っていた曲「タッカー」で演技をしています。

その曲はかつて、鍵山正和コーチが初めて全日本の表彰台に立った時に演じた曲でした。

鍵山優真選手は同じ曲で、2019年全日本ジュニア選手権で当時のジュニア世界最高得点を超え、全日本ジュニア初優勝を飾ります。

鍵山正和コーチも、二人三脚で様々な苦労を乗り越えてきた過程に、色々な想いが込み上げてきたのでしょう。

素晴らしい結果に、初めて涙を流したそうです。

その結果に、ジュニアながら全日本選手権の出場権を得て、そこでも3位を獲得。

ここから鍵山優真選手の快進撃が始まります。

親子それぞれが演じる「タッカー」の演技を見比べると、より似ている部分が沢山あって、着氷の柔らかさや膝の使い方は本当にそっくりですよね。

鍵山優真選手が成長するにつれて、顔も体形もどんどん似てきた印象ですね。

▼鍵山優真選手の「タッカー」

▼鍵山正和コーチの「タッカー」

また、2人の演技を曲に合わせて比較動画を作っていらっしゃる方がいましたので、ご紹介します。

動きが一緒の部分があって、さすが親子だなとビックリしますよね!

鍵山優真の父・正和の病名や麻痺や杖の理由|若い頃の演技映像や親子比較も! まとめ

・鍵山正和コーチは2018年に脳出血で倒れて、左半身に麻痺が残っている
・屋内などの移動には杖を使用、長距離は車椅子を使用することもある

・鍵山正和コーチの若い頃の演技は、息子である鍵山優真選手そっくり

親子二人三脚で努力を重ねてきた2人の目標であるオリンピック出場が、とうとう現実になりました。

まだまだ幼さが残る可愛らしい鍵山優真選手ですが、その分伸びしろは無限大。

元トップスケーターで五輪出場者の父から、経験と遺伝子を受け継いで、

これからどこまでも進化する可能性を秘めた鍵山優真選手の成長を、今後も楽しみにしています!

持てる力を出し切る納得のいく演技でメダルを目指して、オリンピックを楽しんで欲しいですね!

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA