ジュラシックワールド3新たなる支配者/ネタバレ5分で分かる箇条書き|あらすじ結末感想まとめ!

記事上のアドセンス広告

5分で分かる!映画「ジュラシックワールド3新たなる支配者」(原題ジュラシックワールド/ドミニオン)ネタバレ結末やあらすじのまとめ

なるべくサクッと読めるように、箇条書きにしてまとめてみました!

また、じっくり内容を把握してから映画を観たい方向けに、詳しい内容や感想なども記載予定!

ご要望に合わせて、是非ご覧ください!

この記事は「ジュラシックワールド3/新たなる支配者」のネタバレを含みますのでご注意ください。

ジュラシックワールド3新たなる支配者/ネタバレあらすじ

「ジュラシックワールド/炎の王国」で人間社会に恐竜が放たれてから4年後の世界を描く

「ジュラシックワールド/新たなる支配者」

※ジュラシックシリーズは、現実での映画公開までの期間と、映画の中での時間経過が同じになっています。

ネタバレあらすじの要点を、まずは箇条書きで記載していきます。

恐竜と共存を強いられている人間社会の描写

  • 漁師が魚の入ったカゴを引き上げたところ、モササウルスの襲撃でカゴごと漁船を海に引きずり込む(予告映像のシーン)
  • 人間と恐竜が共存する世界の弊害として、高層ビルの頂上に巣作りして子育てしている翼竜や、結婚式のハレの瞬間を邪魔する翼竜、小型恐竜の赤ちゃんに追いかけ回される人間の子供など、人間界での日常の中に恐竜が入り込んで危害を加えている様子が描かれる。
  • 国連は一企業であるバイオシン社にイタリアのドロミティ山脈の一角で恐竜を保護することを一任した。
  • ロックウッドの孫娘であり、クローン人間であるメイジーの失踪は世界中で有名になっていた。

▲メイジー・ロックウッド(イザベラ・サーモン)
出典:「ジュラシックワールド/新たなる支配者」公式HP

恐竜と共存を強いられている人間社会については、プロローグ映像や、2019年に公開された「BATTLE AT BIG ROCK」を見るとイメージしやすいかもしれません。

~「BATTLE AT BIG ROCK」について
前作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の1年後、恐竜が生息するビッグロック国立公園。物語は、4人の家族が野生の恐竜と遭遇し、生き残りをかけた恐ろしい戦いになっていく様子を描いています。

これを見て「子供を一瞬で泣き止ませる方法を身につけておくのは必要だな」と親としての危機意識を高められました。いやマジで子供狙われたら恐ろしい。

ブルーの子供ベータとメイジーが連れ去らわれる

  • ネバダ州の山奥で、オーウェンとクレアはメイジーを養子に向かえて暮らしていた。
  • 唯一無二のクローン人間であるメイジーを誰が狙うか分からないため「橋の先の街には出て行ってはいけない」と自由を制限した生活を強いられているメイジーは、自分の出生の特異さへの葛藤や14歳という多感な年頃も重なり、オーウェンとクレア(特にクレアに)に冷たく当たる。
  • オーウェン達の近くでブルーが子供(ベータ)を産んだ ※無性生殖
  • オーウェン、メイジーの目の前で罠にかけられたベータが連れ去られ、同じ悪党にメイジーも誘拐されてしまう。
  • 怒りを表すようなブルーにオーウェンは「ベータを必ず助ける」と約束する。
  • クレアは過去に自分の恐竜保護団体に所属していて、現在はCIAで働いているフランクリンに協力を仰ぐ。誘拐した者たちの情報を得て、メイジーとベータ救出のために行動する。

アラン、エリー、イアンのレジェントキャストは巨大イナゴの調査でバイオシン社に

  • 土壌科学者エリー博士「巨大イナゴ」が異常発生しているテキサスの農場から依頼を受け、調査を開始。バイオシン社の種を使っている畑のみ被害がないことから、バイオシン社が黒幕だと推察。旧友のアラン・グラント博士に協力を依頼する。
  • バイオシン社に雇われて公演活動などを行っていた、カオス理論数学者イアン・グラント博士と旧友である関係を利用して同社に潜入。
  • 案内役の広報担当ラムジーの目を盗んで、イアンから「イナゴの研究室の場所の情報」「アクセスキー」を入手。イナゴのDNAサンプルを盗み出すことに成功する。
  • メイジーとベータがバイオシン社に連れて来られ、そこにはウー博士が。
    巨大イナゴはバイオシン社ドジスンCEOの命で行っていた研究過程で、ウー博士が生み出してしまった想定外の産物だった。
  • 「都合の悪いことが発生しても無視して進め」というドジスンCEOに反論するも、丸め込まれるウー博士。
  • ロックウッドの娘シャーロットのクローンと聞かされていたメイジーだが、過去シャーロットと同じ研究室で働いていたウー博士よりメイジーはシャーロットが無性生殖で産んだ実の子と告げられ、彼女が妊娠している研究日誌の映像を見せられる。
  • また、シャーロットは遺伝子疾患で亡くなり、メイジーには遺伝子上で治療を行って病原体を駆逐させて命を救っているが、優秀なシャーロットのみ知る方法だったためウー博士には再現できない。
  • 無性生殖で生まれたベータとメイジーのDNAを解析し「一世代で全滅するDNAを拡散できる病原体を作ってイナゴを絶滅させること」が誘拐の目的だったと明かす。
  • 隙をついてウー博士のもとから逃げ出したメイジーは、同じくイナゴのDNAサンプルを盗み出して逃げる途中のアランとエリーに遭遇する。バイオシン社を内部告発しようとしていた広報ラムジーの手を借りて、施設外へ脱出するボットに乗る

オーウェンとクレアは、協力者ケイラと出会い、バイオシン社へ

  • 誘拐した悪党の取引場所だという情報を得て、2人はイタリアのマルタ島に向かう。
  • 悪党たちと恐竜が入り混じったナンヤカンヤの大バトルの末、メイジーとベータがバイオシン社に連れて行かれることを知り、協力者ケイラの力を借りて飛行機でバイオシン社のあるイタリアのドロミティ山脈へ。
  • 翼竜に襲われて墜落寸前にクレアだけパラシュートで脱出。水の中に潜って大きな3本爪が特徴のテリジノサウルスをやり過ごし(予告のシーン)、命からがらある建物へ。
  • 氷に不時着して一命を取り留めたオーウェンとケイラも、ピロラプトルに襲われて間一髪で逃げ出す。クレアが乗っていたシートに付いている発信機を頼りにクレア救出に向かい、無事に合流。

レジェントキャストとオーウェン一行が合流。燃え盛るイナゴが襲う

  • アラン一行は、ドジスンCEOにDNAサンプルを盗み出したことを気づかれて、移動するボットを途中で止められてしまう。恐竜が巣くう昔の発掘調査場を進むが、案の定恐竜に襲われ逃げ惑う。
  • 関与を指摘され、バイオシン社をクビになったイアンは、広報ラムジーの手引きでグアラン一行を救出しに行く。
  • 遠隔からの広報ラムジーのアシストの甲斐もあり、アラン一行を助け出し合流に成功。
  • 巨大イナゴ研究の証拠隠滅のためドジスンCEOは研究室に火を放つが、イナゴの生命力が勝り、燃えたまま研究室を飛び出し外界に火をまき散らして飛び回る。
    悔しさを隠しきれないドジスンCEOだったが、全館に緊急避難を言い渡し、自室で避難のために自室の整理をする。
  • 燃えるイナゴにより崖から車ごと転落したアラン一行が落ちた先が、オーウェン達がいた建物だった。ここでキャストが大集結。
    ギガノトサウルスに襲われたりとここでもナンヤカンヤ戦って恐竜を撃退。
    広報ラムジーとウー博士も合流。
    脱出に必要な「ベータ捕獲」「領空保護センサー発動」を2手に分かれてやり遂げる。

3大恐竜が大バトルの中ヘリ脱出。

  • バイオシン社の人間たちが逃げ出す際に、埋め込まれたチップで恐竜をコントロールし1箇所に集めたのだが、それがキャスト一行がいる場所だったため、外は恐竜大集合状態。
  • 3大恐竜の「ティラノサウルス・ギガノトサウルス・テリジノサウルス」が大バトルを繰り広げる隙をついてキャスト一行はヘリで脱出。
  • ドジスンCEOは、脱出中のボットが停止してしまい、外に出たところエリマキトカゲのようなディロフォサウルスに毒をかけられて死亡。

ラストはどうなったか

  • 飛行場にて、傷の手当や事情を聞かれている一行。
    イアン、広報ラムジーは、バイオシン社の悪事についてその場で取材に答えて内部告発をする。
    エリーはDNAサンプルの解析とタイムズ紙への告発を行うと宣言し、アランに意志を確認する。アランは「君に付いて行く」と答えて抱き合い、公私共に協力して歩んでいくことを約束して復縁する。
  • オーウェン、クレア、メイジーは家に戻り、ベータを放してブルーのもとに返す。
    ブルーとベータは森に帰っていき、ベータは途中で振り向く。
    森へ入っていったブルーは、もう一度オーウェン達のもとへやってきて、感謝の気持ちを伝えるようにオーウェンを見つめ、また森へ入っていく。
  • アランとエリーは、法廷で証言するために正装し、裁判所前の広場で気持ちを整えて法廷に向かう。
    その後ろには、小型恐竜の子供と人間の子供が仲良く遊んでいる姿が映し出される。
  • ウー博士が病原体を仕込んだイナゴを草原に放ち、イナゴの大群と合流して飛び去っていく。第一作「ジュラシックパーク」で初めて殻を破った恐竜の子供を見ていた時のような爽やかな笑顔で、ウー博士はイナゴ達を見送る。
  • シャーロットの研究日誌の映像が流れ「哺乳類の歴史もたかが6600万年、恐竜の歴史も地球の長い歴史から見たらほんの一部」「支配ではなく、お互いに信頼して頼れば共存できる」と問いかける。
  • 馬とパラサウロロフスが共に広大な大地を駆け抜け、鳥と翼竜が空を舞い、クジラとモササウルスが海中で戯れている映像が流れる。

「ジュラシックワールド3新たなる支配者」の感想

随時追加予定

「ジュラシックワールド3新たなる支配者」過去作のオマージュ

  • オーウェンとバリーが協力して、アトロキサウルスを檻に入れるシーン
    →第4作目「ジュラシックワールド」でヴェロキラプトル4姉妹の檻に誤って落ちてしまったアルバイトを助けるために、オーウェンが取った行動をバリーに再現させている
  • イアンがたいまつを持って囮となり、ギガノトサウルスの気を引いて口の中に炎をぶち込むシーン
    →第1作目「ジュラシックパーク」でも、イアンは発煙筒を持ってティラノサウルスを引きつけ囮になった
  • 3大恐竜バトルシーンで、丸い窓の向こう側にティラノサウルスの頭部が重なる
    →ジュラシックシリーズのロゴ再現
  • ドジスンCEOが自室に飾ってあった古びた缶を持ち出す
    →第1作目「ジュラシックパーク」でシステム管理エンジニアだったネドリーは、恐竜の胚を持ち出すように言われてドジスンCEOと裏取引をするが、缶に細工をして胚を持ち出す途中で恐竜に襲われて死亡。ネドリーが手放して泥に埋まった缶のその後は描かれていなかったが、ドジスンCEOが回収して利用していたことがこの描写から判明。
  • ディロフォサウルスに毒をかけられて死亡したドジスンCEO
    →裏取引をしていたネドリーも、第1作目「ジュラシックパーク」内でディロフォサウルスに毒をかけられて死亡している。
  • トリケラトプスの子供と戯れるエリー
    →第1作目「ジュラシックパーク」でも同様のシーンが。

その他、随時更新します!

「ジュラシックワールド3新たなる支配者」キャスト一覧

▲オーウェン(クリス・プラット)

▲クレア(ブライス・ダラス・ハワード)

▲エリー・サトラー博士(ローラ・ダーン)

▲アラン・グラント博士サム・ニール)

▲イアン・マルコム博士(ジェフ・ゴールドブラム)

▲ケイラ(ディワンダ・ワイズ)

▲ラムジー(マムドゥ・アチー)

▲ヘンリー・ウー博士(B・D・ウォン)


全ての写真の引用元:「ジュラシックワールド/新たなる支配者」公式HP

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA